市民活動交流支援センター「 ぽると多治見」は、

人やまちを元気にしたいあなたを応援しています!


*支援センター 行事予定


◆気持ちがつながる!

     ファシリテーション入門講座

 

何かをする時にみんなで話し合う場面では、いろんな意見がたくさん出てくるといいですね。

ちょっとしたコツや気づきから、ファシリテーションの基本が学べる2回連続講座です。

  

第1回 2016年9月4日(日)

       「聞くこと」はコミュニケーションの基本

第2回 2016年9月11日(日)

       「書くこと」で議論が手に取るようにわかる

 

場所:ヤマカまなびパーク 5階 学習室502

講師:井上 淳之典(寺子屋塾 寺子屋プロジェクト代表)

対象:ファシリテーションに関心のある方(中学生以上)

定員:20名(申込み先着順)

受講料:各回500円(中・高生は無料)

申込み:受付け中

 


 NPO活動・市民活動をされている方々が、世代や活動分野を超えて交流が

 できる場です。毎月テーマを設け、楽しくお話しをする場、つながりを生む場に

 していけたらと思っています。お気軽にご参加下さい。 

 

◆広島で原爆があった日のこと

 

「岐阜県原爆被爆者の会」の梅岡昭生さんから、広島に原爆

が投下された当時の悲惨な様子と、それから逞しく生きてこら

れたご自身の半生を聞き、原爆や被爆、戦争の怖さについて

考えましょう。

 

日時:2016年8月6日(土)14:00~16:00

場所:ヤマカまなびパーク 6階 美術室

定員:30名

参加費:100円

申込み:受付け中



市民活動団体の活動を、支援センター内において展示紹介しています。

展示団体を募集していますので、ぜひご活用下さい。

 

◆多治見空襲と戦争  多治見空襲の遺族が語る会

 2016年7月10日(日)~7月30日(土)

 

 1945年7月に起きた多治見空襲を語り継ぐ活動を、遺族である吉田紀光さんは続けていらっしゃいます。活動の様子や、銃撃を受けた当時の小泉駅付近の写真などを展示しています。

 

★ 今後の展示案内 ★

 

8月2日(火)~8月30日(火)「原爆と人間展」 岐阜県原爆被爆者の会

9月1日(木)~9月29日(木)「C-POWERグループ活動紹介」C-POWER Working Support DoLA 

 


◆NPO専門相談 

   2016年8月18日(木) 13~16時(毎月第3木曜日)  

       

   専門家による組織運営についての相談会を開催しています。

   NPOの設立から運営まで、何でもご相談ください。

   1時間単位での個別相談、事前要予約。      

 


◆おもちゃ病院  

      2016年8月27日(土) 10~12時

     (毎月第4土曜日)

 

壊れてしまった大切なおもちゃを「たじみおもちゃ病院」のスタッフが無料で修理しています。

どんなおもちゃも一度ご相談下さい。

すぐに直らないおもちゃは入院して頂く場合もあります。